安さの秘密は三つの削減にあった

より安く良い品を低価格で販売できるよう、プライベートブランドが誕生したわけですが安さの秘密は、広告費用と生産時にかかるコスト削減、物流に関するコスト削減の三つが深く関わっています。

何故安く提供できるのか

女の人

なるべく宣伝にお金をかけない

他メーカーが販売する商品は、販売と同時にネット広告や芸能人を起用したCMを使って宣伝をします。今が旬の女優やタレントさんを使うので、ギャラの関係もありお金もかなりかかってくるでしょう。反面、プライベートブランドの商品は、広告にお金をかけなくても商品の並べ方に工夫をしたり、店頭に張り紙をしたりすることで安く宣伝することができます。

複数と共同開発を行うことでコストダウン

単独で開発をする場合、時間とコストがかかるので、手間を考えると商品の価格を上げなければ割に合いません。それよりも、複数の業者が集まり、互いのアイディアを出し合いながら開発した方が、生産にかかるコストを最小限に抑えられます。

自社で工場をもっている

プライベートブランドの安さの理由は、すでに自社が工場を確保しているからでもあります。物流網があれば、他の工場を通すことなく、自社で物流作業ができるため中間マージンがかからず、安く済ませられるのです。

協力して作られた商品は沢山ある

コストを抑えるために様々な工夫が施されたプライベートブランドの商品ですが、実に沢山の商品がネットで公開されています。フライパンやお玉などのキッチン用品、スキンケアやメイクアップ用品などがある美容品と健康用品、下着やトレンドを取り入れた衣類、カー用品やペット用品など様々です。食品においてはお酒をはじめ、つまみになるお菓子やインスタント食品、調味料もプライベートブランドの商品として販売されています。

広告募集中